先輩の声

先輩の声

  1. トップページ
  2. 先輩の声
  3. システム開発部門

システム開発部門

自分たちの作ったソフトウェアが世の中の役に立っている実感を持てます。

この会社に入社したきっかけを教えてください。

もともと県外に住んでいましたが、数年前、島根県にUターンで戻ってきました。
それまで受託開発が中心のIT企業に勤めており、島根に戻ってもそれまでの知識・技術が活かせる開発の仕事がしたいと思い当社へ入社しました。

受託開発をしていた前職と違う部分がありますか?

システム開発担当インタビュー風景

前職も開発の仕事でしたので、入社するまでは当社にも似たようなイメージを持っていましたが、実際に入社してみると受託開発とは違う「ものづくり」の楽しさ、自社製品を「育てていく」面白さがあると気が付きました。
また、年に何度かある展示会に自社ブースを出して参加できるのも大きな違いです。会場には様々な方がお越しになり、実際に「らいでん」をお使いいただいているお客様の感想を聞くこともできます。 そうしたユーザーの声や反響を収集・分析して、開発にフィードバックしています。

この会社の良いところはどこですか?

挑戦できるところです。基本的にはチャレンジさせてくれる会社だと思っており、そうした部分はエンジニアにとってのやりがいにも繋がっていると思います。
もちろん、チャレンジをするためには自分自身も勉強をしていないといけませんので、普段からアンテナをはって情報収集をしていますが、当社では会議に皆が情報を持ち寄って検証していくなどという事も活発にあり、チームワークに助けられる部分も多くあります。こうしたチームワークの良さも当社の魅力の一つです。
また、全国にお客様がいらっしゃいますので、島根県にいながらにして全国のお客様の情報や要望が集まってきます。
そうした情報を製品開発に活かすことで、自分たちの作ったソフトウェアが世の中の役に立っているという実感を持つことができ、この会社に入って良かったなと思います。

就職活動中の方へメッセージをお願いします。

当社では社内研修はもちろん、外部研修にも積極的に参加しています。
ソフトウェアの開発といえば理系のイメージがありますが、文系出身の方でも日々の勉強の積み重ねで、知識や技術は確実に身に付きます。
積算の知識や開発スキルを学んでいく中で、成長を実感できることもやりがいにつながります。
一緒に成長を分かち合える日が来ることを楽しみにしています。